田澤義鋪先生の地元で矢を射る?  『青年団の父』と呼ばれている田澤義鋪ではあるが、地元鹿島でその名を知っている人は少ない。しかも、これからの将来を担う青少年の殆どが知っていないのが現状である。そこで田澤記念館の28年度から取り組みとして、鹿島市内の小学校で田澤先生についての出前授業を計画した。29年度からは隣の嬉野市や太良町の小学校でも実施可能となった。授業では、田澤先生の幼少期、小中学校、高等学校時代のエピソードを取り上げ、今の自分と重ね合わせながら進め、道徳的心情を培っていくことをめざしている。 特に、現在の子ども達に欠けつつある相手のことを思いやる心の醸成と、実践できるような人間づくりの一助になればと考えている。